ルミガンが目に入るとどうなるのか、もし入った時の対処法などをお伝えします。

 

ルミガンは、専用のアプリケーターや代用品でまつ毛の際に塗るため、「ルミガンが目に入るとどうなるの!?」など心配する声があります。

どうやら失明するなどの噂もありますが…。 Σ(; ̄□ ̄A アセアセ

失明というのは本当に単なる噂であって、そのような事は起こりません。

そもそもルミガンは緑内障の治療に使われている点眼薬です。

そのため、目に入っても問題ないとされています。

が、医薬品なので不安になる方が多いようですね。

目に入る事で起きる事は

  • 目が痒い
  • 目が充血

これは、時間が経てば元に戻るので、心配するほどの事ではありません。

目に入ったからといって、健康に何か関わる事が起きるワケではありません。

目に入る前の対策としては…

  • 多く塗らない
  • ワセリンやクリームなどで保護する
  • まつ毛以外についたらすぐにふき取る

早くまつ毛を伸ばしたい一心で、多めに塗ってしまう人もいるようです。

適量は1滴と決まっています。

このような症状が怖いようであれば用法容量は守りましょう。

使い方もきちんとマスターしましょう。

アプリケーターが高いからと他のもので代用する女性もいるようです。

アプリケーターは滅菌処理がされ、清潔がキープされています。

節約のために1本で両まつ毛に塗ってしまう、代用のものを水洗いだけして使いまわししているなどしているようです。

副作用も心配でしょうが、このような清潔面も考慮してください。

目に入った後の対策としては…

  • 水で目を洗う
  • 充血除去の目薬を使う
  • 時間が経つのを待つ

不安であれば、すぐに目を洗ってください。

塗ったのは落ちてしまいますが、早めに対処すればかゆみや充血は防げます。(100%ではありません。)

目のかゆみが1週間以上続くようであれば、使用を中止する事が望ましいです。

目の充血は、血管の流れが良くなるために起きてしまいます。

充血を早く取りたい場合は、充血除去の目薬を使ってみてください。

もし、目に入る事が本当に怖いのであれば、使わないというのが最善の策です。

他の安心なまつ毛育毛剤を使うことをお勧めします。

 

>> ルミガン通販トップページで最安値や口コミ・効果などをチェック!